損害賠償

法律相談を扱うテレビ番組に出演する住田裕子弁護士がダイエット方法を

めぐる虚偽の週刊誌記事で名誉を棄損されたとして、発行元の小学館に

300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京高裁は13日、

請求を棄却した一審判決を取り消し、人格権を侵害したとして10万円の支払いを命じた。

富越和厚裁判長は、記事は雑誌を売るために住田弁護士を取り上げ、

間違った事実を公表したと認定。名誉棄損には当たらないが、同弁護士が

ダイエット体験を語る際に真実性を疑われかねず、

同弁護士の人格権を侵害したと判断した。

(記事は時事ドットコムより)

なんとも・・・コメントのしようが無い。

頑張って下さいと言っておきましょうたらーっ(汗)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120939771

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。